土曜日, 3月 7日, 2015

HTML VALIDATOR

WEBデザインは専門外なのですが、長年WEB系のシステムに携わっているとブラウザ上のデザインも無視はできないのです。
インターネットが普及し始めたとき、技術本を片手にエディタでHTMLを手書きして「ようこそ私のホームページへ!」(笑)なんてやっていた時代に比べるとブラウザで出来ることは数倍に増え、同時にタグの記述も複雑になっています。
いまどき0から一つ一つ手でタグを書く人はいないでしょうけど、

  • アプリケーションが出力する動的部分
  • デザインがHTMLエディタで微妙に調整しきれない部分
  • HTMLエディタが出力する不要な部分(コメントなど)

を調整するのは、やっぱりまだ手作業で行うことになると思います。

昨今の複雑なタグの記述を調整するわけですから、やっぱり記述を削ってしまったり、タグを入れ子にしてしまったり、余計なものを増やしたり、いろいろしてしまうんですよね。
それでも何とか動いちゃうブラウザが多いもんだから、気づけず、エンドユーザが別のブラウザで表示してみたらちゃんと表示されなくてクレームになった、なんてこともありますね。

そこで今日ご紹介する商品は・・・(テレビショッピング風)
FireFoxアドインの「HTML VALIDATOR」です。
http://users.skynet. … la/new_install4.html

インストールとか細かいところは簡単ですので自分で調べてください。(不親切)
アルゴリズムが

  • HTML Tidy
  • SGML Parser
  • 併用

と三つありますが、SGML Parserをお勧めします。

FireFoxで対象のHTMLを表示して、ブックマークツールバーにあるHTML VALIDATORのアイコンをぽちっとするだけでHTMLコード上の問題を教えてくれます。
簡単ですね。

「ボクの書いたコードがエラーだらけで真っ赤だよ~」
と悲鳴が聞こえるかもしれません。
大丈夫です。これでひとつもエラーが出ないようなサイトは滅多にありません。
大事なのは「一つ一つのエラーに対し内容を吟味し、直すところは直す、無視するものは無視する」です。
もちろん、他のブラウザでの表示を意識した上で検討しましょう。

余談ですけど、私はとてもいじわるで、他人のWEBページ、特に企業のWEBページをみるとき、必ずページのHTMLソースをみます。
それで結構、人となり、企業のなりがみえるもんですよ?
嫌なやつですね。あなたのWEBページは大丈夫ですか?